超音波4D

当院では、赤ちゃんの顔や体だけでなく、赤ちゃんの 細かいしぐさをリアルタイムに見ることができる 「超音波4D(HD-live)」システムを導入しています。妊娠11週からご希望により、4Dの画像をご覧いただけます。

超音波4D
超音波4Dとは
超音波4Dイメージ

おなかの中を平面に切り取った、通常良く見られる超音波写真を2Dといいます。また2Dの画像を何枚も重ねあわせ、画像を処理して立体的に見せてくれるものが3Dです。4Dとは、その3Dに時間の要素を加えたものです。
お母さんのお腹にいる赤ちゃんの動いている様子などが実時間(リアルタイム)で、つまり生中継で見ることができます。

超音波4Dイメージ

さらに3Dでは難しかった赤ちゃんの心臓の早い動きにも対応できる画期的なシステムです。
とくに当院で導入した「超音波4D」は、「HD-live」というシステム。
写真は妊娠初期の画像です。鮮明で、色合いもとても美しいものです。

当院ではドクターまたは、臨床検査技師が操作。だから安心!
超音波4Dの診察にあたって、当院では、臨床検査技師、医師が直接操作しながら一緒に画像を確認致します。
今までの健診状況と合わせて、画像の説明をすることで妊婦の方にもわかりやすく、そして安心して赤ちゃんをご確認頂くことができます。
赤ちゃんの顔や体だけでなく、おなかの中であくびをしたり、寝返りを打ったりといった、お母さんのお腹にいる赤ちゃんの細かいしぐさもリアルタイムに見ることができます。
Q & A
Q:妊娠期のいつからいつまで「超音波4D」の画像が見れますか?
妊娠11週以降、出産まで、4D超音波が可能になっております。赤ちゃんの姿勢や胎盤の位置などによっては鮮明な画像が見られないことがありますのでご了承下さい。
Q:通常の「4D」よりもきれいに見えるのですか?
左のいちばん上の画像は「4D(HD-live)」の妊娠初期の画像です。バックから光が当たっているような画像処理を行っています。とても神秘的ですね。 これまでの「4D」ではこのような処理は行えませんし、この週数で「4D」を撮ってもあまり満足できるような画像は得られませんでした。また、画像の鮮明さがまったく違います。 「4D(HD-live)」では、胎児の位置が良い場合だと、これまでより瞬きや欠伸などの動きがより鮮明にとらえられます。さらに色合いの画像処理も絶妙で、これまでよりもずっとリアルな色合いです。みなさんその美しさに驚かれ、感動されています。
Q:他院から「4D超音波」だけ診察可能ですか?
導入当初は対応しておりましたが、当院通院中の妊婦様に対する診療時間の確保が難しくなりましため、中止することになりました。現在は、当院で通院もしくは出産をご予定の妊婦様に対してのみ行っております。
Q:大切な記念として画像が欲しいのですが…
USBへの保存・プリントアウトしてお持ち帰りいただくことは可能です。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。
Q:家族で一緒に見ることはできますか?
はい。ご家族一緒にリアルタイムな映像をご覧いただけます。お気軽にスタッフまでお申し付けください。