婦人科

Ladies Clinic

更年期相談

更年期とは閉経前後の数年間(45~55歳頃)を指します。
(もちろん個人差があります)
その年齢になると多くの女性は卵巣からのエストロゲン分泌が
急激に減少するため、
身体的精神的にさまざまな不調を感じやすくなります。
状態や症状に合わせて、
おひとりおひとりに応じた治療法をご提案いたします。
つらいときや日常生活に支障が出る場合はぜひご相談ください。

更年期相談を受けられる前に

更年期相談を受けられる前に、あらかじめ以下のポイントを整理していただくと、診断もスムーズになります。

  • どんな不調が、いつ頃からあったか
  • 婦人科(更年期外来)に受診したことがあるか
  • どんな薬を飲んで、どうだったか
  • 食欲はどうか、偏食はないか
  • 毎日よく眠れるか
  • そのほかの日常生活で支障をきたすことはあるか
  • 何かストレスを感じていることがあるか

更年期障害とは...

更年期障害とは、閉経を境にしてその前後数年間に発症する、脳の視床下部ー卵巣系を主とする内分泌環境の変化が原因となって起こる、精神・自律神経症状を主とした症候群と言えます。加齢とともに卵巣の機能も衰え、それまで卵巣から分泌されていた女性ホルモンの量が徐々に減少してくることで、頭痛やめまい、のぼせ、ほてり、動機、手足の冷え、肩こり、腰痛、不安感、憂鬱感など、様々な症状を引き起こします。
治療法としては、漢方薬やホルモン剤などの薬物療法や心理療法などがあります。