お知らせ

News

  • TOP
  • お知らせ
  • アドバンス助産師在籍による乳腺炎重症化予防ケア(乳房ケア)のお知らせ
2020.7.10

アドバンス助産師在籍による乳腺炎重症化予防ケア(乳房ケア)のお知らせ

平成30年度の診療報酬改定では新たに「乳腺炎重症科予防ケア・指導料」が追加されました。

「乳腺炎重症科予防ケア・指導料」の算定にあたっては、産婦人科医だけではなく、「アドバンス助産師」の認定を取得かつ、乳腺炎および母乳育児看護の経験が5年以上ある助産師が在籍している場合に、施設基準の届け出を行うことができ、届け出を行った医療機関が保険算定をできるため、当院ではこれに該当し届け出をおこないました。

 

当院では、この認定を取得した助産師が複数在籍しているため、今回施設基準の申請をいたしました。

 

これに伴い、これまで自費でしかお受けできなかった乳房マッサ―ジが、2020年7月1日より保険でお受けできるようになりました

 

費用について

 下記は保険適用の3割自己負担金額です。

 ◯初回

乳腺炎重症化予防ケア・指導料(負担1,500円) +初診料

 ◯2~4回目

乳腺炎重症化予防ケア・指導料(負担  450円)+再診料+外来管理加算

 ◯5回目以降

10分1000円(税抜)(自費)

 

乳腺炎重症科予防ケア・指導料

乳腺炎重症化予防ケア・指導料とは、入院中以外の乳腺炎の患者であって、乳腺炎が原因となり母乳育児に困難がある患者に対して算定されるものです。

 

医師がケア及び指導の必要性があると認めた場合に、乳腺炎の重症化及び再発防止に係る指導、並びに乳房に係る疾患を有する医師または乳腺炎及び母乳育児に関するケア・指導に係る経験を有する助産師が、当該患者に対して乳房のマッサージや搾乳に係るケアを行います。

 

授乳や生活に関する指導、心理的支援等の乳腺炎の早期回復、重症化及び再発予防に向けた包括的なケア及び指導を行った場合に分娩1回につき4回に限り算定します。

 

医療法人社団三侑会 渡辺産婦人科小児科